2016年10月27日

ご無沙汰しています

ご無沙汰しています。
日記の更新も、とてもご無沙汰ですみません。
子どもは生まれたの?!って、ご報告もせずのままで。
もしホームページを見に来てくださっている方がいらっしゃったならば、大変申し訳ないです。

201610.jpg

息子も今は1歳9か月になりました。
スクスク大きくなる息子からたくさんの元気と笑顔をもらっていて、彼には本当に感謝しています。

昨年2015年の1月に元気な男の子を出産しました。
ここ数年は引きこもって仕事三昧な毎日だったことや、運動不足の高齢出産ということもあってなのか?産後はあちこちが痛くて「出産って、母になるって大変」と、産後3か月くらいはわりと体が辛かったです。

何より陣痛がこれほど苦しいものだとは!!
産んだ直後は放心状態で、子どもを胸に抱っこしたときは私を産んでくれた母への感謝でいっぱいでした。
出産後の分娩室で偶然にも「そろそろ生まれたかな?と思って」と母から電話があり、泣きながら「産んでくれてありがとう」と母に直接感謝を言えた事、よかったです。

その母が昨年末2015年12月に亡くなりました。
67歳の誕生日を迎えたばかりだった母、あまりにも早い死です…。
母は私の一番の相談相手で一番私のことを応援してくれていた人。
いつか親は先に居なくなるということは頭では分かっていたけど、恥ずかしながら母は亡くならないものだとどこかで思っていたのかもしれない。
どこの家庭でもそうだと思いますが、私にとって母は偉大な人でした。

いかに「今」が貴重かということ。
当たり前の事で分かっているつもりでいたけど、私は見過ごしていました。
母は亡くなってからも私にいろいろなことを気づかせてくれます。

母が亡くなりもうすぐで1周忌。
もう話ができない会えないということの寂しさだけは日に日に増しています。

201610_2.jpg


実は2015年という年は、12月に母が亡くなる前に
2月に祖母、11月には祖父が亡くなりました。
生前はとても可愛がってもらった大好きだった祖父母です。
息子の誕生と大切な人の死…「生きることの意味」を考えずにはいられない1年でした。
2015年は私にとって人生観、生き方や考え方を大きく変えた年のように思います。

人はいつ亡くなるかなんて分からないもの。
今をどう生きるのか?
毎日を今日が最後と思うくらいの気持ちを持って大切に過ごそう、今はそう思っています。


お仕事に関してですが、
そろそろ少しずつではありますが、再開しようかと思っています。
そのことに関しては後日。
また時期を見てご報告させていただきます。
posted by フジマツミキ at 14:40| Comment(0) | 日記