2011年04月25日

本発売の紹介

201104025a.jpg


4月22日に発売されました
「はじめてのインターンシップ」
という本の挿絵を描かせていただきました。
詳しくは>>newsページへ


『インターンシップ』とは、在学中に自分の専攻している
分野の会社へ数日のあいだ体験入社をする事です。

私の行っていた学校でも「インターンシップ」やってました。
わたしは美大に行ってたのでその「分野」もいろいろあったみたいで、友達は夏休み中に陶芸家のところへ数日間インターンシップに行っていました。
羨ましかったなぁ〜・・・。
私が「インターンシップ」というものがあるのを知った時には既に募集を閉め切られていたので「大きなチャンスを逃した!」と後悔したものです。

学校によって行く事のできる会社は違うと思うけど、学生のうちに会社へ少しでも体験入社してみるというのはとても良い機会だと思います。
学生の間は視野もせまくなりがちで考えも偏ってるし、なによりルーズ(私の行ってた学校だけかな?)。
現実を知るという事は自分の将来に対して向き合える事であり、自分が希望する所へインターンシップできるのだから夢も広がるように思います。

わたしなんかは在学中「社会人になりたくない!」って思ってたけど、もしかしたら「早く社会人になりたい!」って思えるかもしれないし。

学生さんには、もし機会があるのなら是非「インターンシップ」を経験してほしいと思います。


と、わたしがここで熱く語っても「何のことやら?」よく分からないと思うので
詳しくはこの本を読んでみてください!

とてもわかりやすく「インターンシップってなに?」という事の紹介がされています。
どうしてインターンシップがいいのか?
また「自分はインターンシップでこう変わった」という体験談・特に誰も教えてくれないマナーの事など、役に立つ事がたくさん詰まっていると思います。
マナーの事なんて誰も教えてくれませんからね、わたしが今になって読んでみても「なるほど」がチラホラ。
実際ちょっと付箋つけちゃったし…。

あと絵もたくさん入っているのできっと楽しく読んでもらえると思います!
201104025d.jpg

201104025c.jpg

201104025b.jpg
posted by フジマツミキ at 09:34| Comment(2) | おしらせ
この記事へのコメント
この時期にぴったりの、さわやかでステキな本になりましたね!挿絵のお仕事、本当にお疲れさまでした&ありがとうございました。

アルバイトとは違う社会を経験するという意味でも、学生時代のインターンップは、できればやっておいたほうがいいよねってわたしも思います。
わたしのころは(おそらく)そういうモノはなかったので、余計にうらやましかったり。

…そうそう、マナーのこと、わたしも「なるほど」と思ったことがいくつか。今さらながら、勉強になりました〜(笑)
Posted by ノブ at 2011年04月25日 15:09
ノブさんへ
コメントありがとうございます!
先日本が届き手にとってみて、あぁ良いお仕事をさせてもらったなぁ〜としみじみ感じました。

そうですね、たぶんアルバイトとは全然違う!と思う。(わたしも経験してないのです・・・)
きっと就職活動をするのにも、その時の経験は役に立つと思うし。
ぜひたくさんの人に読んでもらいたいです!


Posted by フジマツミキ at 2011年04月25日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。