2011年11月01日

パスタパスタ

20111029.jpg

先週末、「料理男子」の中に載っている
『イーヴォ流・トマトソース』を作り、
それにアサリを加えてボンゴレ・ロッソにしました。

トマトソースの作り方はとてもシンプルで簡単。
【材料】
・ニンニク・オリーブオイル・ホールトマト・生バジル・塩・砂糖
それらを木べらで1時間近く根気よく混ぜる。
入れる順番とかいろいろあるけど…詳しくは雑誌「料理男子」を見て!
ただ、塩の量とオリーブオイルの量にちょっとだけビビります。


パスタ料理を作る時はいつも夫さんと一緒に作ります。
こういう根気のいる作業は根気のある夫さんに全部お任せします。
性格上ていねいにやってくれるので私は安心してらくちんできます。
私、台所(私の城)に男子は入ってきて欲しくない!というタイプでしたが
料理男子いいですね。
食べる時とか食べ終わった後とかも、喋る内容は「今日のパスタ」の事ばかりで
しまいには出掛けた先でも「あのパスタにコレどうだろう?」とか
それがなかなか楽しいです。



20111030a.jpg

2日めのおひるごはん。
テーブルの上は昨晩とほぼ同じ内容。
ただ、早く食べたいという気持ちがパンの置き方やらに表れています…。
おひるはアサリは入れないでトマトパスタにしました。


20111030b.jpg

トマトソース、2日目は味がまろやかになっているものなのかな?
と思っていたらとんでもない!酸味が強くなっていてビックリしました。
だけどコクも増して何と言うか味が昨日よりもギュッとしている感じ。
昨日は生パスタで食べたけど、今日は乾麺だったからか?
また麺の種類によっても感じ方が違うのだろうな。
奥深いの。


次は「娼婦のパスタ」が気になります。
詳しくは「料理男子」P.29を見てください。(しつこい)
posted by フジマツミキ at 21:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。